神戸市トップへ(外部リンク)

KOBEシニア元気ポイント事務局

電話番号078-335-6543

●受付時間

月~金曜日[ 9:00~17:00 ]
(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)

お問い合わせ

現在の位置

  • ホーム
  •   >  お知らせ
  •   >  【取材報告】ことばの道デイサービスにて活動インタビュー

KOBEシニア元気ポイント事務局からのお知らせ

更新日 2022年03月08日

2022.03.08元気ポイント関連のお知らせ

【取材報告】ことばの道デイサービスにて活動インタビュー

みなさま、こんにちは。

1月23日(日)神戸新聞の朝刊に、KOBEシニア元気ポイントの記事が掲載されました!
こちらのページでご紹介しています → 【神戸新聞掲載記事】

 

取材時にお伺いした内容を詳しくご紹介します!

ことばの道外観440290 .png須磨区の受入施設【ことばの道デイサービス

 

まず、活動者の 中塚 さよ子さん へのインタビュー

Q1.KOBEシニア元気ポイントの活動に参加したきっかけは何ですか?


中塚さん
「家にいるだけではよくない、誰かの役に立ちたい」と思っていた時に広報紙KOBEで制度のことを知り、説明会に申し込みました。神戸市の制度というのも、安心感があり、説明会の内容もわかりやすかったです。101歳の母がデイサービスでお世話になっていて、どんなことをしているのか気になっていましたし、自分は元気なので何かお役に立てるなら恩返ししたいなとも思いました。母が通っているので、高齢者施設は身近に感じて活動することには抵抗がなかったです。

 

Q2.今の施設で活動することになった経緯・きっかけは?


中塚さん
活動者登録後に他の施設で活動していましたが、緊急事態宣言で停止しました。その後宣言が明けて、ことばの道デイサービスでマージャンのお相手の活動が募集されていたのでお電話してみました。新しい今の住所に施設が引っ越しされてから活動を開始しました。こちらの施設の方はみなさん明るくていい方ですし、家から自転車でも歩いても通える距離なので、いい運動にもなり、来るのも苦になりません。

 

Q3.どんな活動されていますか?


中塚さん
毎週1回、2時間の活動をしています。10時に施設に来て最初の1時間はお部屋のお掃除や外のお花の水やりなどをしています。11時から12時はレクリエーションの時間で、初心者ですが、利用者さんに教えてもらいながらマージャンのお相手をしています。活動に応募したときは、マージャンは4人でする、くらいしか知らなかったのですが(笑)頭と指先を使うので、高齢である自分の健康増進にも良いと思い、以前から興味がありました。緊急事態宣言で施設へ行けない自粛中に、カルチャーセンターで半年間マージャンを習って覚えました。

 

Q4.活動をはじめて良かったこと、やりがいを教えてください。


中塚さん
出かけることが少なくなっていたので、人と接する機会ができて嬉しいです。フレイル予防などでも、外に出ましょう!と言われていますし、家でじっとしていてもすることが限られるので。自分の時間の中で、少しでも役に立っていると実感できるのでやりがいを感じますし、嬉しいです。活動してポイントが貯まるのも良いですね。貯まったポイントは、日ごろ習い事に行くときの交通費に当てます。少しのご褒美をもらえるので、励みになります。

 

Q5.活動してみていかがですか?


中塚さん
私には向いていると思います。自分のしたいことや空いている時間に活動できるのも魅力です。
私の住んでいる地域ではボランティアが盛んで、周りにやっている人が多いです。でも、グループが出来上がっている中に新しく入るのは勇気がいりますし、身近すぎると気まずくなることもあるので、私は知らないところに行って活動をする方がありがたいです。
たまたま、友人が制度を利用して他の施設で活動をしていました。その方は施設で草引きをやっているそうです。私は草引きは大変そうだなと思いますが、好きなこともそれぞれだし、自分でやりたいことを選べるのもこの制度のいいところですね。

 

Q6.これから活動をはじめられる方にアドバイスを!


中塚さん
体も脳も、使わないと錆びると感じますので、みなさんもお元気なら、制度に登録して活動してみたらいかがでしょうか。
自分のペースで気軽に活動できますし、自分の得意なことや、施設、時間、内容を選べるのも、いいところだと思います。

 

続いて、施設代表理事 安居 道子さん へのインタビュー内容です。

Q1.KOBEシニア元気ポイントに参加したきっかけは?


安居さん
近くにある大学の学生さんや、地域の方がボランティアに来てくださっていましたが、何かボランティアの方に還元できることはないか、と思っていました。
他の自治体のボランティアポイントは以前から知っていたので、施設独自のポイントカードのような仕組みを仕組みを考えていたときに、KOBEシニア元気ポイントの制度を知り、登録しました。

 

Q2.受入活動内容の詳細を教えてください。


安居さん
利用者さんのお話相手、レクリエーションの補助、施設内の清掃・消毒の活動を募集しています。今来られている中塚さんにも、施設内のお掃除やお庭にお手入れ、レクリエーションの時に利用者さんのマージャンのお相手をしてもらっています。活動者さんに来てもらえると、利用者さんが好きなこと(マージャンなど)ができるのでありがたいですね。また、施設でイベントをするときにお手伝いをしてもらったこともあります。

 

Q3.受入をして良かったことを教えてください。


安居さん
活動者さんが色々してくださると、職員や利用者さんから感謝の言葉がたくさん聞こえてきます。「ありがとう」が、施設の中にあふれるようになりました。
コロナ禍で消毒などの作業が負担になっている職員にとっても支援がありがたいです。

 

Q4.制度についてどう思われますか?


安居さん
とても良いと思います。今までにグループで演芸披露などしていただくことはあっても、個人でボランティアに来られる方は少なかったです。ご自身の自由な時間に来ていただけるので、活動者さんも気軽ですし、こちらもお願いしやすいです。また、KOBEシニア元気ポイントの活動者さんは説明会に参加して登録されている方なので、安心して受入できます。
ポイントをお金に換えられるところも、わかりやすくていいですね。お金なんて要らないという方ももちろんいますが、ポイントカードとか、いっぱいになったら嬉しいですもんね。

 

Q5.活動者さん(シニアの方)の良いところは?


安居さん
シニアだからこそ、ゆっくり待つことや、細やかな気遣い、控えめな対応ができると思っています。利用者さんにとっては、コミュニケーションがリハビリになります。シニアの方は経験豊かなので、話の展開の仕方や伝え方もお上手な方が多いです。こちらの施設では高齢の利用者さん以外に、若い方や子どもさん、お母さんなど、いろんな年代の方が来られるので、お互いにいい刺激になっていると思います。

 

とってもいいお話をたくさん聞かせていただけました。
中塚さん、安居さん、施設のみなさま、取材へのご協力ありがとうございました。

今回取材した施設はこちら → ことばの道デイサービス

今後も活動者のみなさまの参考になるよう、取材を続けて参ります。次回もお楽しみに♪

過去の活動インタビュー記事は下記よりご覧いただけます。

【第1回】(北区)デイサービスtakkにて活動インタビュー
【第2回】(垂水区)名谷すみれ苑にて活動インタビュー
【第3回】(垂水区)ハーブテラス星が丘にて活動インタビュー
【第4回】(垂水区)りらいふ舞子にて活動インタビュー
【第5回】(兵庫区)だんらんの家上沢にて活動インタビュー
【第6回】(西区)デイサービスぱれっとにて活動インタビュー

KOBEシニア元気ポイント事務局

〒650-0021
神戸市中央区三宮町1-9-1 センタープラザ1007

電話番号078-335-6543

FAX番号078-335-6542

●受付時間 月~金曜日[ 9:00~17:00 ]

  • ※土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く。
  • ※番号をよくお確かめの上、おかけください。

お問い合わせ

本事業は、神戸市からの委託を受け実施しています。